1. 今日のスーパーカー


こんにちは。

今日紹介するスーパーカーはこちら!

AVENTA SV5

.
【ランボルギーニ アベンタドール SV 】です!😀

2. ストーリー


アベンタドールは2011年から2018年まで約7年という長い期間発売されました。

ランボルギーニV12エンジンシリーズのフラグシップモデルとして、1番人気のあるモデルになります。

メーカーも売れ筋は熟知していて、アベンタドールにはたくさんのモデルが登場しています。

アベンタドールファミリーには大きく分類すると、以下のようなモデルがあるよ。

❇️アベンタドール LP700-4

❇️アベンタドール S LP740-4

❇️アベンタドール SV LP750-4

❇️アベンタドール SVJ LP770-4

そして、上記のモデルにはさらにロードスター(オープン)モデルが用意されています。

分かりやすく言えば、アベンタドールは弟分、アベンタドール Sは兄貴分、アベンタドールSV が親分。
そして、アベンタドールSVJが大親分みたいな感じですね。

同じアベンタドールでも価格が3千万~4千万円のものもあれば、限定モデルでは倍以上の6千万円を越えるほどのものもあります。

今回紹介するアベンタドール SVは、2015年にアベンタドールの上位モデルとして、 「クーペ500台」、「ロードスター500台」の世界限定台数で発売されました。

この【SV】の称号は、先先代のディアブロ SV、先代のムルシエラゴ SV そして、このアベンタドール SVへと代々伝統的に名づけられてきた特別な上位モデルに冠される2文字です。

ランボルギーニフリークにとって神のような存在と言っていいかもしれません。

別名 【LP750-4】。

750馬力、4WDのスペックをもつことからコードで呼ばれることもあります。

ちなみに、【SV】とはイタリア語でスーパーヴェローチェの略でスーパーファースト速い という意味。

アベンタドール SVのポイントは2つ。

 ❇️パワーアップと超軽量化
 ❇️ランボルギーニ最先端技術の融合

では、ランボルギーニSVの特徴をみていきましょう。

3. スタイル


AVENTA SV5

フロントバンパーは分割されて、同色のフラット風パネルをセンターに配置している。
まるで舌を出してるかのようだね。👅

AVENTA SV3

空へ向かいそそりたつような、ガルウィングの鋭い角度!
この角度がたまらない❇️
弟分のウラカンにはついてない特別な装備です。

ファンあこがれの特別な2文字の称号【SV】!
このくずした文字の感じとフェンダーいっぱいの文字の大きさがたまらない。

AVENTA SV2

テールデザインはナンバープレート部分の同色パネルをなくして、フロントと同じように同色でマウンテン型のフラットなパネルをディフューザー上へ配置しています。

まるでテールライト下部の黒いアウトレット部分はサングラス😎のようにみえる。

AVENTA SV1

リアフェンダー上部のエアインレットはSVでは軽量化のため固定式になります。

細かくみると、リアタイヤすぐ前のリアフェンダー部にブーメラン型のSV固有のデザインがあります。

4. インテリア


AVENTA SV7

インテリアは本革より軽量なアルカンターラとカーボン素材がたくさん使用されています。

軽量化することにより、アベンタドールより50馬力アップを図っています。

センターコンソール上部のスイッチ群はもはや戦闘機のコックピット。

センターコンソールわきにはしっかり【SV】ロゴで特別感。

気づいたかな?

これもオーナーを満足させてくる2文字ですね❇️

ドアノブは軽量化のため赤いレザータイプにチェンジ。
何グラムというところまで軽量化を図っています。

シートはアルカンターラとカーボンの手動式バケットシートで超軽量化。

乗り心地は犠牲にしないといけません…

防音機能やナビゲーションは軽量化のためなし。

高性能と快適性の両立はスーパーカーには永遠のテーマですね。

AVENTA SV9

センターコンソールの赤いフリップカバーを上に上げてエンジン点火❇️

5. メーター


AVENTA SV15

メーターはSV専用のイエローバックグラウンドのTFTメーター。

中央に大きく回転計を配置。

アニメーションちっくなメーターを大胆に装備。

コルサのアニメーション表示は最高モデルSVとペルフォルマンテだけ。

6. エンジン


エンジンの写真は入手できず。

7. 装備


AVENTA SV12

フロントリフターもしっかり装備。

AVENTA SV16

ガソリンフィラーキャップまで手を抜かない。

以下のランボルギーニ先端技術も装備されます。

・ランボルギーニ ダイナミック ステアリング(LDS)
横方向ステアリング制御システム。
車速やドライブモードによってハンドル切れ角が変化。
可変ステアリングギアレシオ。
フロントアクスルのより自然で高反応な感触、シャープなターンインを可能にする。

・プッシュロッドつき磁性流体アダプティブダンパー(MRS)

8. 動画視聴


ユーチューバーのドウグ デミューロ【Doug DeMuro】チャンネルさんが紹介しているのでご視聴下さい。

モーター トレンド チャンネル【MotorTrend Channel】さんの迫力の「SV」走行動画みてね。


【ランボルギーニ アベンタドールSV公式サイト】
https://www.lamborghini.com/jp-en/%E4%BC%81%E6%A5%AD/%E5%82%91%E4%BD%9C%E5%93%81/aventador-sv-coupe

https://www.lamborghini.com/jp-en/%E4%BC%81%E6%A5%AD/%E5%82%91%E4%BD%9C%E5%93%81/aventador-sv-roadster

9. スペック


国 : イタリア

メーカー : ランボルギーニ

タイプ : ミッドシップ

駆動 : 4WD

ステアリング : 左ハンドル

人数 : 2人乗り

エンジン : 6500cc V12自然吸気エンジン

トランスミッション : 7段AT(ISR インディペンデント・シフティング・ロッド)シングルクラッチ式セミAT

サスペンション : プッシュロッドつき時勢流体アクティブダンパー(MRS マグネットレオロジカルサスペンション)

ブレーキ : カーボンセラミックブレーキ

タイヤ : フロント 255/35ZR20 リア 355/25ZR21 ピレリゼロコルサ

最高速度 : 350km/h

0-100km/h: 2.8秒

パワーウェイトレシオ: 2.03km/h

PS : 750馬力

トルク : 70.4kgm(690Nm)

重さ : 乾燥重量1525キロ 車両重量1840キロ

サイズ : 長さ483.5cm x 幅203.0cm x 高さ113.6cm

プライス : 5200万

10. まとめ


いいね👍ポイント
・超軽量化とエンジンパワーアップ!750馬力!
・誰にがひれふすガルウィング「SV」の印籠。

もう少し✋ポイント
・毎日乗るのはきついかも。
・カップホルダーがほしい。

はしる   

まがる   

とまる   

カッコよさ 

豪華さ   

レア度   

生産台数 : クーペ世界600台 ロードスター世界500台

価値 : 「SV」の2文字に秘める伝統とDNAを背負うスーパーカー。

ライバル車 :

先代の車 : ムルシエラゴ

また次回新しいスーパーカー紹介します。